私たち人間が日常的に食べている食べ物が愛犬にとっては中毒を起こしてします可能性があります。食べ物の種類によって危険度が違います、愛犬の健康管理のために与えてはいけない食べ物を知っていきましょう!

 

犬に食べさせてはいけない食べ物とは

〇危険度:☆☆☆

  • チョコレート
  • キシリトール
  • たまねぎ
  • ネギ
  • ニラ
  • らっきょう
  • にんにく
  • ココア
  • ぶどう
  • レーズン
  • アボカド
  • マカデミアナッツ
  • アルコール類

 

〇危険度:☆☆

  • 豚肉
  • イカ、タコ、スルメ
  • アルコール
  • カフェイン
  • ニンニク
  • ソーセージ、ハム(人間用)
  • 牛乳などの乳製品(人間用)

 

危険度:☆

  • 生卵
  • カニ、エビ
  • お味噌汁
  • 野生のキノコ
  • レバー
  • ナッツ類
  • かんきつ類

 

中毒を起こしている症状とは

以下のような症状の場合、中毒の疑いがあります。獣医師の診察を受けるか、連絡を入れて指示を仰ぐようにしましょう。 また、中毒をおこした原因によって治療や薬が変わってくるので、事前に何によって中毒が引き起こされたかを把握しておきましょう。

けいれん、貧血、興奮、発熱、皮膚の炎症、せき、虚脱、大量によだれがでる、食欲不振、腹痛、ふらつく

 

中毒を起こした時の対処法

中毒を起こした時に愛犬のためにできる応急処置を紹介します。 対処法はあくまで参考程度にご覧頂き、安易な処置は行わず速やかに獣医の診察を受けるか、獣医の指示を仰ぐようにしてください。

体についた時の対処

毒性があると思われる物質が体についてふれた場合には、大量の水またはぬるま湯で洗います。 それをなめてしまうことで中毒を起こす危険があります。それらの毒物を洗い流してください。

 

誤飲・誤食した時の対処

誤飲・誤食したものが毒物である場合それ以上吸収されるのを防がなくてはいけません。
かかりつけの動物病院、近くにある緊急動物病院で診察を受けましょう、