①スープごはんにして治す

ぬるま湯を使用しているドックフードにいれ、スープごはんにします。
飲みながらドックフードを食べるので食べるスピードを遅らせ、早食いを防止できます。

また、時間が経つとドックフードがふやけて粒が膨らむので満腹感を与え食べるスピード
を遅くすることができます。

②早食い防止のお皿を使って治す

しきりをする事で、間にあるドッグフードを少しずつしか食べることができなくなります。
食べ終わるまでに時間がかかり早食いを防止できます。

早食い防止のお皿は種類も多くしきりがシンプルなものから細かい作りのお皿があります。

最初から、しきりが細かい作りのお皿を使用してしまうと犬にストレスを与えてしまう
可能性があるのでシンプルなお皿から食べさせ徐々に慣れてきたら
細かいのにステップアップしていきましょう。

③大きさの違う粒、形状の違う粒をまぜて治す

大きさの違う粒、形状の違う粒をまぜることにより食感の違いで噛むようになり
早食いを防止できます。

アレルギーを避けるため、使用しているドックフードと原材料が似ているもの
を使用して与えてください。
アレルギー食材がわかる飼い主様はアレルギー食材が含まれていないドックフード
を与えてください。

小型犬には大きさの違う餌、大型犬には形が違う餌がおすすめになります。