犬にとって蛋白質は愛犬の体を作る必須な栄養素で、
特に一番重要な栄養素だと言われております。

この蛋白質は筋肉や内臓・皮膚などの健康を維持するだけではなく、
実は「毛並み」を改善する効果もあります。

つまり、蛋白質が不足するという事は、被毛まで栄養が行き渡らなくなり、
毛艶が悪くなり脱毛することもあるので特に注意が必要です。

また、蛋白質なら何でも良いというわけではなく、
消化吸収が良く、高品質な「動物性蛋白質」を摂取することが大切だと言われております。

犬は本来肉食のため、穀類などの「植物性蛋白質」より、
「動物性蛋白質」の消化吸収を得意としています。

もし、愛犬に与えているドッグフードが、穀物(小麦粉、イモなど消化に悪い穀物)をメインとした
ドッグフードであるなら今すぐ見直してください。

何故なら、高品質な動物性タンパク質を含むドッグフードに切り替えるだけで、
愛犬の毛並みが改善される可能性が高いと言えるからです。

また、脂質も毛並み改善には必要な栄養素になります。

「脂質を与える」というと、愛犬が太ったり、不健康になってしまうのでは?
とあまり良いイメージを持たない方もいる方もいるかと思いますが実はそうではありません。

実は脂質が不足してしまうと「皮膚病」の原因になったり、
「毛艶が悪くなり」「皮膚トラブル」を起こしやすくなる大きな原因となるのです。

愛犬の健康のためには「必須脂肪酸をバランスよく摂取」することが非常に重要でで、
この結果「毛並み改善」「皮膚トラブルの予防」に繋がるのです。

もし、愛犬の毛並みの調子が悪くなってきたと感じているなら、
早急にドックフードの原材料を確認してみてください。

愛犬の毛並みを良くするために、動物性蛋白質の割合が高いのか、
また、腸内環境を整える食材(良質な食物繊維)が含まれているかチェックしてください。