犬は餌を食べるとき3つの嗜好性をもっていると言われております。

すなわち、この3つの嗜好性を気をつけてドッグフードを与える事で、
愛犬の食いつき・好き嫌いが変わってくるのです。

 

犬の嗜好性① 香り

犬は嗅覚が優れています。

つまり、犬は最初に「香り」で「安全や美味しさ」を判断してるという事です。

犬がドッグフード食べてくれない大きな原因として、
「ドッグフードの香りが悪い」という理由があり、
この香り次第で好き嫌いが分かれると大きな要因(50%以上)となっているです。

犬の嗜好性② 大きさ・形

次の大きな理由として、ドッグフードの大きさ・形の相性が挙げられます。

愛犬が食べやすいサイズとして、食いついたときにストレスを与えることがないサイズが必要であり、「大きすぎて噛みづらい」「舌触りが合わない」などで食べてくれないこともありますのでドッグフードの大きさ、形に注意をする必要があります。

ステップ③ 味、嗜好性

最後は味です。

噛む、また舌触りで愛犬は塩味・甘味・旨味を感知する事ができます。

ドッグフードを食べない場合は、この嗜好性が合わないことも多くの原因になっています。

 ∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

いかがでしたか?

ドッグフードの食いつきが悪いと感じてるなら、
是非「香り」「大きさ、形」「味、嗜好性」に優れたドッグフードを与える様にしてみてください!