子犬の食事は成長段階でとても重要です。小型犬では食事量が少ない、間隔が開きすぎてしまうことで
低血糖症】を起こすことがあります。
また、大型犬では、過剰な栄養により骨の病気が起こることもあります。
自分の犬に必要な食事量や回数をよく理解し、正しく与えていくことがとても大切です。

エサの量・回数は、子犬の体格・体調を見ながら決めていきます。子犬は、成長に合わせてこまめに
エサの量を調節しなければなりません。では、具体的にはどのようにエサを与えればよいのでしょうか。

ドッグフードは子犬用、オールステージのものを選びます。フードによってカロリーが異なるため
1日に必要なグラム数はフードにより変わってきます。
【フードの袋に給餌量の表が記載されているので、そこに記載された1日必要量を与えます】

【生後1ヶ月頃】まだ、完全に歯が生えていない状態なので、硬いままのドックフードを
そのまま与えてしまうとストレスを感じてしまう可能性があります。
お湯でふやかしたドッグフードに犬用ミルクを混ぜた離乳食を与えた方がよりよく栄養が摂取できます。

【生後2〜3ヶ月】であれば、ふやかしたドッグフードだけでも大丈夫でしょう。ドライフードが簡単に指で
つぶせるくらいまでふやかすようにし、1日必要量を3〜4回に分けて与えるようにします。

【生後4ヶ月頃】になってからは、少しずつ固いドライフードを食べられるようになることが多いです。
急にふやかすのをやめると消化が追いつかず、嘔吐や下痢を起こすことがあるので
ふやかし具合で調整するようにします。ふやかす時間を短くし、ドライフードの周りはふやけているものの
真ん中あたりはまだ固い、くらいのものを与えることで少しずつ慣れさせていきましょう。
また、食事回数も1日2〜3回に移行していきます。

【生後6ヶ月頃】になると、小型犬ではほぼ成犬時と同じくらいの体格になるため
あと1〜2ヶ月くらいで子犬用のフードから成犬用のフードに移行していくことになります。
大型犬の場合は、まだまだ仔犬用フードでいいでしょう。この頃になると、1日必要量を
2回に分けて食べられるようになりますが、個体差があるので、一度にたくさん食べるのが
苦手なようであれば、1日3回食のままでもいいでしょう。

【生後7〜10ヶ月頃】で、子犬用から成犬用のドッグフードへ切り替えていきます。
この時も、いきなり全部を新しいフードにするのではなく、少しずつ新しいフードに切り替えるのが
ポイントになります。